体臭対策.com(ホーム)ワキガ対策ワキガの基礎知識>日本人のワキガ統計


日本人のワキガ統計

日本人のワキガ統計では、腋臭症(ワキガ)体質の日本および諸外国での統計や考え方などについて解説していきます。

 

日本人のワキガに対する考え方

日本人はモンゴロイド人種とされ元来体臭の少ない人種であるとされています。日本でワキガが問題視されるのは、このワキガ体質である人がマイノリティ(少数派)であることに加え、風呂好きといった日本人の無臭信仰が生み出したものであるといえます。

 

諸外国におけるワキガに対する考え方

黄色人種と比べて白人や黒人は非常に多くの人がワキガ体質です。現に黒人の場合ほぼ100%がワキガ体質であると言われています。
これが外国人は体臭がキツイと言われるゆえんなのですが、実際のところ当人はこのことについてまったくといっていいほど気にしていません。現に、欧米で主流の香水ですがこれは臭いを消すというよりも自分の体臭と組み合わせることによりより魅力的な臭いにするという意味合いが強く、海外で日本のワキガ手術と同じ手術をする人の目的はほとんどの場合、汗っかきである部分を治そうとしている人です。

実際のところ、動物には異性をひきつけるフェロモンという機能が備わっており、多くの動物にはワキガの原因となるアポクリン腺が備わっています。このようにワキガの臭いを「嫌な臭い」と捉える日本人のほうが少しおかしいのかもしれません。

 

日本と諸外国のワキガ体質の統計

まず、日本人の場合約10〜15%が程度の差こそあれワキガ体質であるといわれています。白人の場合は80%、黒人の場合はほぼ100%であるとされています。なお、同じモンゴロイドである中国人の場合は約3%程度といわれています。
日本人の比率が中国人と比較して高いのは、食文化の欧米化が大きな割合を占めているといわれています。(肉食が中心となると皮脂の分泌量が増加するのでワキガの原因となるアポクリン腺が成長しやすくなることから)