体臭対策.com(ホーム)ワキガ対策ワキガの基礎知識ワキガの自己診断>両親にワキガ体質の人がいる


両親にワキガ体質の人がいる

ワキガ体質というものは遺伝性が強いと言われています。片親がワキガである場合はおよそ50%、両親がワキガ体質であるばあはおよそ80%の確率でその子供もワキガ体質となることがわかっています。

 

ワキガの遺伝性

ワキガの体質因子は両親から遺伝性があるといわれています。ワキガの体質を決定付ける因子は優性遺伝と呼ばれる形式で遺伝します。優性遺伝とは別にそれが優秀というわけではなく、単に遺伝しやすいというものです。

わかりやすい例としては血液型が挙げられます。血液型はAとBとOという三つの型が存在しているのですが、O型が劣性遺伝でA型とB型は優性遺伝となります。

ワキガの体質もこれと同様にワキガ体質と非ワキガ体質を考えると、前者が優性遺伝してしまうことから、両親がワキガ体質の人はワキガを発現しやすいという傾向があります。