体臭対策.com(ホーム)ワキガ対策ワキガ治療法ワキガ治療の手法>皮下組織吸引法


皮下組織吸引法

皮下組織吸引法(ひかそしききゅういんほう)とは、脇下の皮膚に数ミリの穴をあけて、その中へカニューレという医療器具を挿入し、ワキガの原因となるアポクリン腺などを吸引するワキガ治療手術です。

 

皮下組織吸引法とワキガ

皮下組織吸引法では、切り目がわずか数ミリと小さいことから傷口がほとんど残らないだけでなく、入院の必要性もありませんので、治療後すぐに帰宅することも可能な方法です。美容外科の一である脂肪吸引手術などにも同じ方法がとられています。

ワキガに治療に対する効果としてですが、ワキガの原因となるアポクリン腺を全て除去するのは難しいようです。無理に全てのアポクリン腺を取り出そうとした場合、他の器官を傷つけてしまう可能性もあるからです。