体臭対策.com(ホーム)ワキガ対策>ワキガ治療法


ワキガ治療法

ワキガ体質を治療・改善するための様々な治療法を解説していきます。手術を用いるものと、手術以外のワキガ改善治療法などをわかりやすく説明します。

 

ワキガ治療は何科?

実際のワキガ治療はどこの病院において検査するべきなのか?という項目についてワキガ治療の専門医を考えていきます。

 

病院でのワキガ診断

病院でワキガ治療を行う場合、一体どのような手法によりワキガの診断を行うのかを解説していきます。ここでは、専門医(皮膚科医師)によるワキガの診断方法を取り上げます。

 

ワキガ治療の手法

ワキガの治療法には大きく「保存療法」と「手術療法」の二種類があるといわれています。ここでは、ワキガの治療法のそれぞれの特徴を解説していきます。

ボトックス注射法

ボトックス注射法(ぼとっくすちゅうしゃほう)とは、ワキガ治療をはじめとして顔のシワ改善、子顔などの美容系治療に用いられる治療法の一つです。ワキガの原因となるアポクリン腺の働きを麻痺させることにより一定期間ワキガの症状を抑える保存療法の一種です。

剪除法

剪除法(せんじょほう)とは、ワキガ治療における手術療法の一種です。ワキガの原因となるアポクリン腺を取り除くための外科治療で、皮膚の一部に切り込みを入れて皮膚を裏返し、アポクリン腺を一つずつ取り除くという治療法です。

皮下組織吸引法

皮下組織吸引法(ひかそしききゅういんほう)とは、脇下の皮膚に数ミリの穴をあけて、その中へカニューレという医療器具を挿入し、ワキガの原因となるアポクリン腺などを吸引するワキガ治療手術です。