体臭対策.com(ホーム)ワキガ対策ワキガ予防改善グッズ比較>汗の種類別にデオドラントを活用する


汗の種類別にデオドラントを活用する

汗の臭いだけを抑えたい場合とワキガの臭いを抑えたい場合では、効果的な制汗剤・デオドラント剤の種類も異なります。

 

目的別に使い分ける

汗の種類によって具体的に行うべき体臭対策は違ってきます。ここでは、汗の種類別の体臭対策法を徹底分析。

わきの汗や汗臭さを抑えたい場合

スプレータイプ、パウダータイプなどのサラサラ感のあるものがオススメです。
また、急な発汗には、拭き取りシートタイプで対応するようにしましょう。
「殺菌作用」の強いタイプは、皮膚のかぶれや黒ずみの原因となる場合もあるので、注意が必要です。
汗がたくさん出る場合の臭い対策には「制汗作用」の高いものを選ぶように心がけましょう。

 

ワキガ臭の場合

一般的にスプレータイプのデオドラント剤には、ワキガの原因となるアポクリン腺の汗を抑える効果は少ないとされています。
そのため、「抗菌殺菌作用」が強く皮膚に直接塗布するロールオンタイプや、スティックタイプ、クリームタイプが効果的です。
さらにワキガの場合は「無香性」の物を選ぶことがポイントです。
ワキガの臭いとデオドラント剤の香料が混ざることによって、余計に違和感のある臭いとなることがあるためです。

 

適度に使用すること

制汗剤やデオドラント剤を使ううえでポイントがあります。
「部分的」に使うこと、「短時間」での利用にすること、です。

肌表面の常在菌は、雑菌の増殖を防いだり、私たちの皮膚をさまざまな外敵から保護する役割を担っていますので、制汗剤やデオドラント剤を使用しすぎて常在菌が減少すると、逆に雑菌が増殖し、皮膚が荒れる原因となる場合もあるためです。

また、皮膚が敏感な人は、殺菌成分に負けて皮膚のトラブルを引き起こすこともあります。
外出先から戻った後などには濡れたタオルなどできちんと拭き取る習慣を付けるようにしましょう