体臭対策.com(ホーム)加齢臭対策加齢臭予防対策加齢臭を予防する7か条>抗酸化物質を摂取する


抗酸化物質を摂取する

抗酸化物質は体内でのノネナールの生成を抑制する働きがあります。抗酸化物質を積極的に摂取しましょう。抗酸化物質としてはワインや紅茶、大豆などに多く含まれています。

抗酸化物質による加齢臭改善

抗酸化作用が高い栄養成分としてはビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、カテキンなどが代表的な成分として挙げられます。
抗酸化作用のある物質(成分)のことを「抗酸化物質」と呼びます。これらは脂肪分の酸化を抑制する働きがあるため、他の方法と比較しても加齢臭の予防対策に対して高い効果があると考えられます。

以下に代表的な抗酸化物質について解説します。

アントシアニン
アントシアニンは紫色をした色素成分でポリフェノールの一種。抗酸化作用が強く、体脂肪燃焼を促進する作用や血液の流れを良くする作用などがあり、ブルーベリーや赤ワイン、カシス、黒大豆などに多く含まれる。

カテキン
カテキンとは、お茶の渋み成分でポリフェノールの一種。活性酸素の働きを抑える抗酸化作用が強く、体脂肪を減らす作用が注目される。また、近年の研究ではカテキンには胃ガンの発生を抑制する作用があるのではないかと研究が進められている。

カカオマスポリフェノール
カカオマスポリフェノールとは、チョコレートやココアなどの現在慮ツ尾なるカカオ豆に含まれているポリフェノール成分のこと。強い抗酸化作用があり、悪玉コレステロールの酸化を抑制する。

※リンク先は「サプリメント図鑑